JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

かわいいなぁ・・サイコーだね♪

171426(1).jpg2006年9月24日の画像。
右側が牛若。そう・・・我が家に保護犬として
着てから私がカメラを向けると常にこんな顔だった。
お客様や当時の家人に向ける顔とは違う。
とても繊細で実は臆病で心の殻を破ってくれなくて
1時は本当に、「失敗した・・・どうしたら良いんだろう?」と悩んだっけ。
保護犬を迎える事は、美談で全てが上手くいくケースばかりじゃない・・

   そう思い知らされた・・・ええ^^;;牛若にね^^
頭が良い犬種とは、これほどに難しい部分もあると痛感させられた。
       はい。   牛若に・・・ねっ(キリッ♪
まさか、あの激しい唸り(←初めて見聞きしたボラ仲間はドン引きした)と
爪を肌に食い込ませてシガミツク騒ぎが愛情表現だなんて
当時の私には気づけるわけも無かったしねー^^;;

2010_0418_111954-P1400235.jpg2011_0604_085941-CIMG2824_20141217113221826.jpgこれ・・・どう見ても襲う
違うんです。これ、自分だけ見てろ!!他に行かないで!!だった・・・

上の画像が2010年・・・そう。わが子になって4年経過してもコレ。
「腕の悪いトレーナーだから、相変わらず牛若は、あんななんだ」とか
「牛若が怖いからドッグランに行かない」だとか・・・正直ヘこみましたよ。

でもね、今、ちょっと複雑な犬達と仕事が出来るのはこの子が居たから。
この子が、驚くほど沢山の事をアタシに教えてくれた。

やっぱり、迎えた頃の年齢と同じだけの時間が要るよね・・・
そう、思えたのも、その子の心が溶けるのを待てるのも牛若が居たから。
2008年だっただろうか・・・夜中に雷が怖くて一緒に寝たくて甘えた夜。
あの時は、「この馬鹿!!2年以上もコレを我慢してたんか?」と腹も立ったけど
それだけ、切なくて可愛く思えて一緒に寝たねぇ♪

2006年からほぼ、5年・・・この子を本気で叱った事は無かった。
叱れない。だって「知らない」んだもん。何が良くて何が悪くて
甘えて良いのか、どうやって甘えたらよいのか?

こんな顔してるけど、知らないものを叱れるわけが無い。
usiwaka_2014121711322353f.jpg甘えてるww
この時に、クチに手を入れても顎に力を入れる事は無かったもん。

どうやって甘えるか・・・気づいたのが2012年だった。2012_1125_135713-S0576187.jpg笑顔で座る。
これ、2012年11月下旬の画像。この頃には「見て!!僕を見て!!」が
この笑顔になってきてた。そして2014年・・・牛若が私の家族になって
8年を迎えた春の画像・・・誇らしげにピレのど真ん中で笑う牛若。

怖いことがあれば、背後に隠れ、ピレ牡に睨まれると傍に来る。
おはよう!とお帰りの挨拶はピレの背後で座って待つ・・・

これが出来るようになるまでに8年。濃い濃い8年だったねぇ。
牛若、12月13日は11歳、9回目の誕生日@我が家だったね^^

誕生日おめでとう!!お前、サイコーーッ
S0925470_20141217114825589.jpg





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad