JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

殺処分ゼロへの「妄想」②

All cats11年前の我が家の一角。ええ。当時3居ました。
ブルー×白のスコティッシュを除けば2匹とも所有者不明でした。
前回の記事に書いた「牧原プラン」の平成24年の現状と推移(クリックでジャンプ♪)
に書かれている通り収容される21万頭の内、13.8万頭、
65%です。残念ですが、そのうちの76%、
10.5万頭が所有者不明。この総数13.8万頭がどれだけ、
次の縁に恵まれるか・・・?ご存知ですか?あくまでもここのデータは
全国平均ですから、限りなく譲渡率がゼロに近い都道府県だってあるはず。

犬の譲渡返還率(約46%)に比べて僅か10%です。
言い換えると、収容されて死なずに済むのは10匹中1匹の幸運

とても簡単な事でこの収容数は激減すると思うんです。私・・・ええ。
サラリと言わせて頂ければ

 完全室内飼育すれば良いだけです

  繁殖制限すればよいだけです。

不妊去勢手術を勧めた時に「かわいそうだから・・・
言う方が少なくはありません。では、伺います。大事な飼い
身を賭して産み育てたたちを公的機関に持ち込むのは、
可哀想では無いのでしょうか?
10匹中1匹だけが、死なずに済むってデータですよ。

完全室内飼育を勧めるとを閉じ込めるのは可哀想

では伺います。

完全室内飼育が原因のストレスで死んだの話って、
耳にした事があるでしょうか?私は、ありません。

でも、外に出たまま帰宅せず、轢かれて死んだ愛猫の話や
外に出し、喧嘩で怪我を負い、感染症に罹患した愛猫の話は知ってます。

とても可哀想な気の毒な話です。

平成24年に収容された13.8万頭の猫、内処分された命が76%。
外に出さなければ間違って収容されることも
間違って繁殖してしまうこともありません。

死ぬために生まれる命・・・・この言葉が全てだと思います。
そんな命は、あってはイケナイんです。

この子達のうち2匹は野良猫出身です。
1匹は子猫、もう1匹は、1歳で我が家に来てから
1度も、外に出ることなく天寿を全うしました。

スコティッシュは18歳で逝きました。
この子は、生まれてから1度も外に出たことが無いままでした。
All cats
3匹とも、呼べば返事をしグリグリと甘える良い子でした

猫も登録制になればよい・・・・猫だって狂犬病と無関係じゃない。
哺乳類だもんね完全室内飼育にしたら、手近なんだけど・・な。

殺処分ゼロに向けた、私の勝手な妄想です

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad