JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

犬生に必要な10のこと②

S0133523.jpg前回からの続きです。
前回に引き続き、海外のブログからです。この方・・・
著名なブリーダーさんで、400頭以上の優秀な成績を残した
ショードッグを作出し、100頭以上がベストインショーに輝いてるとのこと・・・
こういう記事をブリーダーさんが書いてるってのが、肝です(管理人的に)


では・・続きを・・・
5)犬は保護を必要とする
全ての犬が日々、安全な環境で暮らせなければならない。
脅威に晒されているようではいけない。特に普段過ごす場所に
仲間が居るのは勿論、その仲間が安全かどうかは特に重要である。
抱えてる頭数が多ければ多いほど、ストレスは溜まりやすくなる。
犬の毎日は気楽でリラックスできるものでならなければならない。

6)犬は犬らしく
犬は沢山の休息と自由を必要としており、大切なのは
人間の欲求を満たすための「物」ではないということ。
競技会で活発な子はそれが楽しいし繁殖に使われてきた犬は
彼らの仔犬たちと過ごすのが楽しい。愉しげな犬達は常に競技会で
優れた犬であり犬としての生を満喫してるからこそ、幸福である。
多くを与えすぎてはいけないし、繁殖に使いすぎてもいけない。
適切な隠居生活を与えることを忘れないこと。


7)犬のライフステージを尊重しなければならない
全ての仔犬は繁殖者が欲しいがゆえに生まれる。仔犬は安全で
愛情に満ちた環境で母犬の下で育たなければならない。
後々、幸せで信頼に満ちた子犬達は彼らを愛する家庭に巣立っていく。
仔犬は仔犬らしくなければならない--発達のための長い幸福な時間--
自然の成長よりも無理に急いで育ててはいけない決して。
仔犬の仕事は遊ぶことである。そうすれば扱いやすい大人の犬に育つ。
さもなければ、子犬達全部が異なった欲求を抱え社会的訓練が
必要な犬に育ってしまう。年をとれば一層、リラックスできる環境が
必要になる。若い犬は年配の犬達にとても乱暴に振舞うことがある。
快適で安全な熟年生活を確保してやるのは飼い主の責任です。

**********************続きます!!
んーー。なかなか、考えさせられます
400頭を超えるトップドッグを繁殖してきた人の言葉のチカラ
S0043164.jpg

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad