JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

2つのうちの1つ

20111208073010_20140204115656943.jpg前のブログで時代は出口じゃなくて
入り口へと書いた私。入り口は、ザックリと言えば2つなんだと思う。
とかく、犬猫の保護、愛護活動で目立つお題目が「保護・愛護活動者行政」とか
「保護・愛護活動者繁殖者・ペットショップ」てのが目立つ気がします。
これについては、ずっと違和感があった私。

何で仲良く(仲良しじゃなくても良いけど^^;;)論理的に
お互いに無いもの(出来ないこと)を補ったり歩み寄りながら
活動出来ないのだろうか・・・・と。

目的が同じなら、お互いの立場、社会的立ち位置が異なってても
協力することは出来るのじゃないかな・・・

敵対視するよりも、手を組んだ方が結果も出せるのじゃないかな?

飼い主による持ち込みや、捕獲収容、繁殖場の崩壊、
ブリーダーの廃業・・・を経て消えていく命を減らしたい


目的は同じはずなのに・・・何でだろう。

行政に理解が無い?いーえ!!キチンと向き合ってくれる方も居ます。

ブリーダーやペットショップが悪い?

需要があるからこそ、供給するって仕組みを忘れてませんか?

消費者が適切な知識、迎える前に調べることをしていたら
飼い主持込が減るとは思えませんか?

目指す方向が同じならお互い冷静に論理的にでも熱く
手を組むことって可能なんじゃないか・・・・な。

これは、動物の愛護だけじゃなく企業経営にも言えるだけどね

昔、むかーしインターネットを始めた頃に知り合った
ネット仲間の署名に使われていた言葉・・・

なぜだか、ずーっと私の心の隅に突き刺さってます。

BE HOT! BE COOL, AND BE HONEST!

「熱く、冷静に、そして誠実であれ!!」DSCF3590.jpg

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad