JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

排泄の躾

201401131930-2.jpg今年に入って、2度目のシャンプーをされる
羽目になったPG洗われる事に慣れていたとしても大好きな子は居ない
はず。ドッグショーに出していたDIANAでさえも好きではないもん。
終わって安堵の表情を見せるPG201401131930.jpg綺麗な方が心地良いでしょ?
自分が繁殖した犬なので、人様に譲った後、常に身奇麗な状態を
好む子
であるようにそう思って生まれた直後から常に汚さないように、
汚れたら、清潔な状態になるように・・・と育ててきた。

歩くようになってからすぐにペットシーツで排泄する事を教え、
それを一番最初に覚えたのはこの子・・・PGだった。20111208073010.jpg
(上の写真では右端)他の子の排泄した後を踏むのも嫌った子。

生後40日を過ぎる頃になれば、ほぼ失敗せずにちゃんと、
オトナと同じトイレを使うようになった3頭(Pack、Bravo、PG)
仔犬だから多少しくじる事もあるけれど、それでも
自分の足や身体を汚さない、汚れるのを嫌う子達だった。

あーーー。やっぱり幼い頃から身奇麗に育てる事と、早いうちから
足裏に「ペットシーツの感触」を記憶させる事が大切だったと
安心してた・・・・のが大間違いOrz

この子達が生後7ヶ月を迎える頃、私は体調を崩して入院する事に
なったんだけど、その時に超繁忙期の相方を頼るよりも
間違いの無い方にPACKとPGを託す事にした。
ドッグショーの練習も兼ねて・・・

3ヶ月預けて帰宅したときのPGの姿には正直絶句
お尻周りや足の飾り毛が黄金色・・・・黄金色????

20120113072731.jpgホワイト、ブラウン&黄金色(爆)トライカラー
(上の画像の時はきれい好きのPちゃんです^^)

どーしたもんか・・・とせっせと洗ってもナカナカ落ちない黄金色Orz
半年以上経過してから、毛の抜け変わりも手伝ってほぼ、元の状態に^^v

ところがだ!!どーいうわけか、汚いの平気のPちゃんになってる
ヒトの排泄も踏む、シッコだろーが、ウンコだろーが、テンションが
上がってしまうと踏む。前はテンションが上がろうがなんだろうが、
とにかく踏まないように♪汚さないように・・・な子だったPちゃん。

どうやら、アタシの過信だったようです
生後7ヶ月で覚えきらないって事だと、彼女を見て気づきました。
一方、同じように預かっていただいてたPACKと言えば・・・
20140103.jpg
手前がDIANA、奥がPACK・・・白いでしょ?真っ白でしょ?

この子はケージの中で排泄する事もなければ、排泄を踏む事が大嫌い。

んーーー。性格の違いなんだろうか?モチロン、PACKは帰宅しても何も
変わらず、綺麗好きのまま。これが、理由でツイツイ他犬以上にシャンプー
されるPG・・・・いつになったら、汚れるのは嫌いなPGに戻るんだろう・・・

身奇麗なのが心地よい・・・この感覚を思い出すまで私は洗いますよ。
洗えなくても、汚れた部分だけでも清潔にしてます。

だって、ピレのサイズで汚いのが平気・・・・って大変ですよOrz
今度は失敗しませんよ(*^^)v足裏の記憶は1歳くらいまでしっかり
刷り込みすることをオススメします!!

そして心身ともに成長過程にある子は、なるべく人様に託さないほうが良い・・と。
短期なら、お勉強になる事があるかもしれないけど、長期間は、薦めません

2011年7月15日に生まれた子達の犬育でたった1つだけ
後悔している部分・・・これが排泄の躾でした。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad