JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

動物取扱業義務講習2011

年1の講習会が先月開催されお勉強してまいりました。
今回は動物の愛護及び管理に関する法律の改正に伴う
審議会での議論やら寄せられたパブリックコメントについてでした。
話しは多岐に渡ったのだけど今回注目した(←個人的に)のは、
前回の改正に伴うパブリックコメント募集よりも相当数を上回る
一般の方からのパブリックコメントが多数あったとの話し。

ほぉー。やっぱりペットと暮らす人が増えていてその方達にも
動物愛護の意識って浸透しつつあるんだと実感。

動物取扱業の業種追加については世間を騒がせた事件に起因するものも。
記憶に新しいものが葬祭業者・・・引き受けた亡骸を関東の山中に捨てたって
事件ありましたよね?そして、この話は本当に切なくて涙が出たのですが
NPO法人を名乗り所有権を変更した上で老犬やら飼えなくなった犬を
終生飼養と言う約束で有料で引き取っていた団体

でも、そこにあったのは終生飼養ではなく、お金を貰ってしまえば
後は用が無い犬を待つのは地獄・・・近所の方が日々、入所した犬が
弱って行く姿を撮影し通報され事が発覚したようです。
シェルターも無い施設で庭から4tトラック2台分ほどの若い犬の骨が出たそうな。

しかし・・・ここで難しいのが決して保管業には該当しないってこと。
保管業はあくまでも預かりであって、所有権が変ってしまうと
個人所有の犬なので、その飼い方が虐待なのか、個人的感覚の範囲なのか?

虐待の定義これも個人の主観によって
かなり違って来る部分です。前の改正の際も、定義について議論された
はずなのだけど、明文化が難しく先送りされた感満載でした・・・が!!
今回は、明確なナニカがあるようなお話でした。
そのナニカについては、次回書きますねーーっ

虐待の定義と同様、前回の改正時にも議論されたのが幼齢動物の販売日齢

パブリックコメントで多数を占めるのは生後60日とか90日以降
販売が適正とする意見らしいけれど、これ、販売する側にはキツイかも・・

だって犬種によっては、え”---っ??
仔犬じゃないじゃんっってサイズに育つ子も居るでしょ?
パブリックコメントではそう書いて置いて、迎えるのは、誰が見ても
どっから見ても仔犬ちゃんってのはNGでしょう(ニヤッ

売る側からすると、「結局、赤ちゃん赤ちゃんしたのが売れる」って声も多数。
2011_1116_143130-S0201131_20111202150413.jpgちなみにコチラ、見る人が見れば
仔ピレだねーーだろうけど、見慣れない人からしたら
立派なイヌ(爆)これで、生後4カ月丁度


その辺りの一般の方の意識の差ってどーなんだろう?とも感じました。
個人的には60日派かな。90日だと仔犬が他の家族やら他の種について
学ぶのに最適な時期を過ぎてしまってるから繁殖者の飼育環境によっては
その辺りに微妙な差が出て来るんじゃないかな?と。

でも、こうやって同胎犬で学ぶのは大事ってのは実感できる。2011_1116_143021-S0191113_20111202150412.jpg


ちなみに、業者さんの声で多いのは6週ー8週齢との事。
8週齢ならそんなに悪くない気はしますが・・・今回の改正では
今まで、明文化されなかったこの具体的な数字がどこかに入るらしいっすよ
さて・・・いったい、どのあたりで収まったのか興味津々な管理人でした♪

虐待の定義についてはまた次回っ

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad