JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

カウンセリングのススメ(ケース②)

ついつい解りやすい、伝わりやすいのでトレーニングやら
躾け方って言葉で表現してますが、本来なら長ったらしいけど
犬の扱い方、接し方教室と変えたいくらい(爆
極端に言うと何かを教える必要があるんだろうか?とさえ思う事も。
だって、どの犬種もそうだけど彼らは基本

どう動いたら自分に得なことが起きるかっやら~

 どれをやると損な(危険な)ことが起きるか~

常に飼い主さんの声色、行動、表情を見ながら暮らしてるんだもん(笑

カウンセリングを経て出張トレーニングにまで至るケースの中には
座れ、伏せ、マテ、来いなどの基本のオビは全部完璧にできる子が少なくない。

でも、やって頂いては困る事、どうしても止めて頂きたい事は
完全無視を決め込む知能犯が多い・・・要は飼い主さんの
気をガッチリ読み切ってるって事(爆

だからこそ、躾け方やトレーニングじゃなくて扱い方、接し方・・・と

では、ケース②です。
頂いたお電話の内容は「噛み、チョピッと流血、止まらない興奮、
そして完全服従姿勢(ヘソ天)しない」だった。こちらも伺うとパピーたん

アマガミ・・・じゃ?と伺うところ「流血」の言葉
基本、噛みがある場合はRUNにお連れ頂かない事にしています。
理由は簡単。暴発した時に制御可能な場合と無理な場合があるから・・・
まずは、御家族の関わり方をお伺いして状況によってお宅訪問へと切り替える。

カウンセリング当日
噛み→ジャレ、甘えからテンションが上がり放題上がり、勢いで流血何じゃ?と

興奮→制御するつもりが飼い主さんの反応で一層興奮するんじゃ?

服従姿勢が見られない→もしかしたら・・・何かが足りない・・・んじゃ?

なーんとなく1時間のセッションを終えて感じたのが扱い方のコツが
ズレてる・・・んじゃ・・・と。犬が犬らしく学び、遊ぶって事を上手く
理解されていないか・・・な・・と。って事でコチラのケースはお宅訪問して
扱い方、接し方を再びお見せ頂く事にもちろん、カウンセリングでも
あーしたら?コーしたら?の提案は致します。でも、これ、どの飼い主さんも
同じように感じるようだけど

ソレが問題行動なのか?
どの子にも起きうる発達の過程なのかよく解らない~

って事。これ・・・以外に多くの方が仰います。
ウチの仔だけ特別にコーなの?やら
どこで躾を間違ったの??私達~とか。

余程特別な扱い方(ぶったり蹴ったり水をブッかけたり)をしていない以上、
珍しいケースなんてありません。

殆どがほんのわずかなボタンの掛け違いや誤解ってだけ。

お宅訪問(出張トレーニング)当日
お庭で楽しげに尻尾ブリッブリでアタシを待つ仔犬タン
手を伸ばすと早速、細く鋭い歯でジャレル、噛む、噛む、噛む~

アタシの手欲しさに前脚を使って抑えては噛む舐める噛む舐める・・・

噛みの程度の感じ方は個人差があり平気じゃんっ♪コレは
たーだねー人に対して間違ってる愛情表現だわー
アタシが思う噛みであっても、「噛まれる=危険」って感覚の方が多い。

そりゃ、一般の人に「噛みにも種類があるんですよ^^v」と言ったところで
あ!!やっぱりねーなどと
余裕のある返事をする方などまず、居ない!!

そりゃそうだ。痛いさ。アタシだって正直、痛いです(キリッ
当たり前に痛覚ありますからっ

1時間の出張トレーニング中、お腹を見せ、甘えたくてアタシの
口をアマガミしたり舐めたりお腹を出して転がりまくる仔犬ちゃん

ふーーん。やっぱりね

噛みについては完璧ジャレ噛みと判明
伏せ・へそ出しは遊びを通じて学ばせる方法を!
興奮(テンションコントロール)については
どうやって仔犬の心を満たすか?
   
  声のトーン、リズム、そして接する時の手の動かし方など・・
シッカリ、見せて、ガッチリ学んで頂きました

これから訪れるだろう思春期についても説明させて頂きお宅を後に・・・

あれから1カ月以上、再びの出張トレーニングの御呼びはアリマセン

「こんな短い時間で学ぶんですね・・犬を知らなさすぎでした」

そう仰ってた飼い主さん皆、同じですよ!
犬は、飼い主さんを見てソレが好ましい事か?

それとも好ましくない事か?をシッカリ学びます^^b一生ね一生!!

テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad