JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

惜別

巣立たせないままの移動は2頭目。
以前経験したのはウチWansとの相性のマズさが原因
あの時は全頭、食い渋り激化で7日ほどJOYはハンストしやがりました
今回は・・惜しい。本当に惜しい。心の底から惜しいと思える。
だってさー可愛いんだもんっ20110525073730-5.jpgコ利巧
自分の都合に合わせて態度を変えるヤツだけど。

長い時間をかけて人や犬を観察して自分の位置、自分許せる人を
見極めて己都合でイキル奴こ憎たらしいけど可愛い。
そうしなければ自分を守ってこれなかった過去が切ないさね~

20110525073804-9.jpg巣立たせる前日の朝のオヤツタイム。
食べ物に執着があるから、横取りしたい牛若が居るから時間をかけて食べる
必要のあるものは基本、くまごろうはバリケンの中で食べさせてた。

でもここ2週間のコイツが見せる「俺を見て!俺も居る!」って態度を見て
大丈夫だよな・・・と連休数日後からこうして与えてた。

計算されつくしたオビへの反応からシンプルに見つめて欲しい
声をかけて欲しい触れて欲しいってアタシに
柔らかな目を細めるようなアイコンタクトを送るようになっていた。


惜しいな・・・本当に惜しい・・・くまごろう の馬鹿たれがぁあぁあっ!!
もう少し早くその状態になってろ!!っつーの^^;;

[高画質で再生]

オレ ハ イル オレ ヲ ミテ② [SNS]
アタシの手元から巣立つ前日の朝の動画。
連休のお泊まりから戻り3日経過したあたりから柔らかな視線で
アイコンタクトを求めるようになり、リビングで騒がず静かに伏せて
寛ぐ姿も見せるようになっていた。

今後の仕事の幅を広げる可能性をはらんでいる今、くまごろう とじっくり
向きあう時間が無い。でも、今のままでは手放したくない・・・長い葛藤。

犬に纏わる仕事って愛護ボラには因果な話しだよねー。
そう犬仕事の仲間と話した事がある。まさに、今回がそのタイミング。
今までこんな気持ちで保護犬と離れる事が無かったアタシ。
文字通り「惜別」そんな気持ちです。

でも、手放す直前の2週間、くまごろう が見せてくれた変化は「諦めない」気持を
思い出させてくれました。この気持ちを最初に教えてくれたのは
5年前に家族になった牛若。牛若が居なかったら「静かに待つ」
「余計なことをせずに観察する」
など到底できなかっただろう。


くま~・・・「慣れるまで待つ」そう言ってくれたよ。お山のママさん♪
君にぴったりだと思うぞ。頑張れ。そして1年後・・・迎えに行きたいぞ!
それまでの間、使い場所を間違えないように、頭使って頑張れよっ

大丈夫!お前はキット大丈夫だから


テーマ:犬との生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad