JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

あれから5年・・

5年前と言えば・・我が家に居たのはこの3頭と092132211.jpg

2009_0617_114127-P1290405_20110113140212.jpgこの坊主が我が家に来た翌年・・・

5年前の初夏に現行の動物愛護法に改正された。そして今年・・・

法改正後初めての見直しの年

これは虐待じゃない?なのに・・・罪にならないの?

どうしてこんな繁殖が許されるの?遺伝疾患バリバリじゃ?

時に手元にやって来る保護犬を通して感じたこと。

明文化されない以上、「法には触れていないそう言った解釈がされ

何の咎めも受けずに済むパターンは依然として多い。

ナントカナランカネー

この改正を前にして検討会やらパブコメ募集やらあったけど・・・

大きな愛護団体の要望・意見書がどの程度まで明文化されるか?

管理人程度のショボイ愛護は、小さな希望を持っております

御存じの通り私の動物取扱業の【保管・訓練】の登録をしてるけど、

1年に1度の動物取扱業責任者講習の受講義務がある。

昨年、受講して頂いた資料の中に興味深い言葉が・・・

「5フリーダム」by国際獣疫事務局(OIE)提唱
①餓えと渇きからの自由
②深いからの自由
③痛み、負傷、病気からの自由
④恐怖や抑圧からの自由
⑤自然な行動をとる自由(本来の習性を発揮する)

文字にしてみると・・・この自由が自分に与えられてないとしたら

イキルコトガ ツラクナリマス

5つのフリーダムが仔細に渡り明文化されることに期待してる管理人でした

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad