JOYちゃんち

新潟県胎内市にあるペットホテル&ドッグトレーニングHOUSE☆「わんこと飼い主様の笑顔」が私たちの宝物♪

噛み付く問題行動《その時、あなたは?》

今まで可愛がってきた(可愛がり方には様々ありますが
飼い犬に牙を剥かれたり噛まれたりしたら余程のドMじゃ
無い限りドン引きするでしょう。今までのお客様の話からすると
《その時の様子》を詳細に覚えてる方は圧倒的に少ないです。

当然だと思いますが、パニックになってしまい、とりあえずソレ以上の
危害が加えられないように・・・そう思い次の行動に出る方が多数でした。
気持ちはわかります。ただ・・できるならば、出来る限り次の事を観察
そして記憶しておいて欲しいのです。
それだけでも随分とトレーニングの助けになります。

・噛まれた(牙を剥いた)きっかけ・・・
  例えば寝ているときにイキナリ触った、拾い食いを止めさせようとした、
  または犬小屋(ケージ)の掃除をしようと小屋(ケージ)に手をかけたetc

・噛まれた(唸り・牙を剥く)時の犬の状態
  尻尾の位置、耳の状態(ピンと立ってたか、それとも後方に
  ふさっていたかetc)、毛の様子(体のどこかの毛が
  逆立っていなかったかetc)

・その時の周りの様子
  その時にいつもと違うヒト、イキモノ、車、自転車、バイク、
  天候、ケージや小屋 の周囲の変化など・・・

単純なことのようだけど、実はとっても重要な情報なんです。

これらの聞き取りを根堀は堀させて頂きながらその犬が《ナゼ噛んだか?》
どこに暴発の危険性がはらんでいたのか・・・を探り当てます

もっとも多いのは《恐怖・不安》からくる防御攻撃です。
私の僅かな経験からすると相談を頂く柴犬の殆どが未知の経験や音、
飼い主さんからの体罰が原因の《防御攻撃》が原因でした。

余談ですが・・・
柴は飼い主に非常に従順で忠誠心の深い犬と言われています。
それだけに裏切られたり、体罰を与えられると《根深い傷》が残ります。
体罰や精神的な圧迫はどの犬だって当然嫌いですが・・・
特にこの犬種は注意が必要です。

もし、今、噛みだけじゃなく吠えなど他の問題にも困っているなら
上で書いた3点をプチ日記風に書き留めてみてください。

きっと《ナゼそうなるか?》が見えてくると思います。

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad